美容師という仕事の魅力

昨日は、成人式でしたね。

ウチのスタイリストさん達も気合入ってましたよ。

これは、笹塚店の様子♪

朝からご苦労さまでした!


****RECRUIT INFORMATION ************

新しい仲間を募集してます。
美容師として、メチャメチャ楽しくて、やりがいの感じられるお店を一緒に創っていきませんか!
詳しくは⇒ http://www.biyousi-kyuujin.com/

バークェラッテはこんな感じのサロンです ^ ^


****RECRUIT INFORMATION ************


成人式は美容師にとっても、重要なイベントですもんね。

この新成人の中から、また新しく美容師を目指す人たちがいるんだなーと思うと、なんだかワクワクしますね。

ここのところ、美容師って仕事はいろんな職業と比べても良い仕事だなーと思うので、そんなことを書いてみようと思います。

会社とのマッチングでも変わるとは思いますが、概ねこんな感じだと思いますよ。


1、職場環境のハード面からいうと、

屋根付き冷暖房完備ということで、夏は涼しく、冬は暖かい職場である。

屋外のお仕事は、お天道様しだいですが、一般企業でも、ビルの管理室が空調管理していて、会社が自由に温度調節できなかたりするんです。

美容室では、お客さまが一番心地よい温度を提供することを目指すので、非常に快適です。

ちなみに僕は飲食業で厨房担当の時は、オーダーが続くと40℃を超える非常に暑い場所でした(泣)


2、命の危険がないこと

医者のように相手の命を預かったり、自分の命に危険があるようなハードワークではない。

ドラマや映画になるような、、スペクタクルさや、サスペンス感はありません。


3、お客さまから直接感謝されること

これ、やりがいに繋がる大きな特徴だと思います。

美容師は、BtoCと呼ばれる、一般消費者を相手にした仕事です。

しかも、販売業ような、商品を間に挟んだ関係ではなく、自分自身が直接お客様と向き合うお仕事です。

だから、社交辞令のような〝ありがとう〝ではなく、本当の意味での〝ありがとう〝をたくさん貰えます。

直接感謝される仕事って、一般社会には、そう多くはありません。

この〝ありがとう〝の感覚を味わっちゃうと、この仕事が病みつきになってきますよ ^ ^

ほとんどの仕事は、商品、サービスといった「何か」を通じて、社会と繋がっているので、エンドユーザーの生の声を聞けるチャンスは、なかなかありません。

仕事で自己の成長を感じるには、相手からの感謝や喜びからやりがいを感じる事ができないと、そうそう向上心を持ち続ける事なんて難しいですもんね。


4、技術には終わりがない

これ、これからのあなたの人生には非常に大切なことです。

一見、大変そうですが、これからのグローバル化とITの時代には、簡単に真似されないことが非常に大切になります。

ちょっとの研修で身に付けられる程度の職業は似たような会社の乱立と、商品の価格破壊がセットになって起こるので、長く続にくい時代になってきます。

楽な職業を選ぶと、もっと給料が安くても請け負ってくれる人が現れると、そっちに仕事が流れます。

これからもっと企業の寿命が、驚くほど短くなってきますしね。

だから、これからは企業ではなく、個人の時代。

そして、奥が深ければ深いほど、それが差別化と存在意義を持ちます。

そう思うと美容師って仕事、けっこう良いと思いませんか?


5、業界内にシンボリックな有名人が多い!

美容業界がスゴイなと思うのは、美容師として活躍する有名な方たちが、とても多いですよね。

しかも、皆さんカッコいいですよね。

これって、芸能の世界みたいなもので、会社は違えど、いつまでも憧れの人がいるって、他の業界にはなかなか無い感覚だと思います。

で、そういう人たちが美容業界をもっと良くする為には?って、講習やセミナー開いてくれたりすることは、本当に素晴らしいことですよね!

だって、基本的に門外不出なものですからね!

自社が儲かるための秘密を、どんどん他社の美容師さんにも教えてくれるって、秘伝のラーメンスープを教えてくれるようなものじゃないですかww


人生も経営もよくマラソンに例えられますが、競技マラソンのようなキツイものではなく

イメージは、ホノルルマラソンのようなイメージかなと思っていますww

楽しく走りながらゴールを目指す・・・(僕の勝手なイメージですか?)

そんな美容師さんが増えていったら良いですよね!


美容師という仕事の問題点は、今度考えてみようと思います<(_ _)>

ではでは。