幹部とは何か?



昨晩は、神奈川のオーナーさんたちと会食を。

そして、そのサロンの幹部、幹部候補の方々との交流、そして成功事例の共有を聞かせてもらいました。


美容室という形態から、各店舗には店長と呼ばれる責任者がいますよね。


はたして、その店長さんは美容業界では幹部と呼ばれるケースが多いのですが、はたして本当に幹部と言うのかな?

他社さんでは、どんな位置づけで幹部に上がってくるんだろう・・・

めちゃめちゃ興味のある集まりでした。

wikiでは、

企業
日本の企業では、会社の業務執行や監督を司る経営者や、上位管理職のことを指す。役員とほぼ同じ意味で使われる。

と、ありました。


あるサロンさんの取り組みを共有してもらいながら、今、幹部と呼ばれる立場で幹部とは何か?というアツイプレゼンを聞かせてもらい感動!


自分はどうあるべきか?という考えの下、行動ができている、こういう組織は強いよな!


改めて気付きを得ました。



そして、自分自身にも幹部の定義を決めないとなって感じましたね。


スタイリストとして、スゴイ売上げを出すとか、

性格が良くて、サロンのムードメイカーになる

みたいな、教科書的な定義づけではなく、


「主体性を持って物事に取り組むことがあり、仲間の夢を応援でき、将来を共有できる仲間」


帰りの道中、僕なりの考えを考えてみました。


最近、(良い意味で)オブラートに包んだような話し方を減らすことで、幹部のみんなとの会話に熱があるような気がします。

本気で良いお店を作る、スタッフを幸せにするためには、甘やかすことだけではできない現実と、そこに真正面に取り組むと結構楽しいよ!

ってことに気付いてもらいたい。

そんなことが徐々に伝わってきているのかな~と思っています。