美容師とて個人単位で輝く時代


パーソナルブランディングが叫ばれて久しい美容業界。

そのくらいサロン単位での差別化が難しい時代なんだよね。

では、パーソナルブランディングとは何か?と言えば、

美容師としての自分の技術やキャラクター、考え方、生き様まで含めて、自分の提供する価値を明確にし、その価値感にあったお客様との出会いを創出するマーケティング技法だと僕は思っています。


今のところ、当社ではパーソナルブランディング・コンテンツマーケティングに積極的に取り組んでいる訳ではないのですが、

覚醒しつつあるスタイリストさんがいるので紹介しようと思います。


笹塚店の伊藤潤くん。


INDEXの店長柴田さんが、来年中にブログ記事1000エントリーを目標に取り組んでいますが、(ウスイッチ、ありがとうございます~!)

それに追随するように、お客様とのことや、感じたことなど積極的に発信しています。


継続こそ力なりというように、続けることが「量質転換」となり、続けることが物事を上達させる一番の近道だと思う。


僕はそんなにちゃんとブログは更新しているの?とか確認しないのですが、地道に取り組んでくれている人がいるってことに大きな感謝をしたいと思う。

何だかんだ言いながら、ちゃっかり成長してるよな!


昔から売れる美容師・売れない美容師がいるけど、


自分が何をしたいのか?

自分が何が得意なのか?

それによって、誰が喜ぶのかをきちんとメッセージとして発信できない人は、

残念ながら、もうお客さんに「個人」として選ばれないと思う。。。

これからもっと、二極化が進むと思うな。


俺も頑張るッス!

さぁ、楽しんでいきましょう!